海外就職で失敗しやすい人の特徴と失敗しないための対処法

海外移住


 
こんにちは。プーケットに逃亡した元社畜Massaです。

私はかつて社畜としてブラック企業に搾取されてましたが、意を決して海外就職をする事で日本のクソ労働環境から抜け出し、タイ・プーケットで快適に生活が出来るようになりました。

しかし、こんな風に思ってる人は多いと思います。。。。

海外就職したい人「海外就職したいと思っていますが、右も左も分からないので怖いです。どうしたら海外就職に失敗しないか教えて下さい。

 

このような不安を持つあなたのために、海外就職経験者の私が自身の経験を基に失敗しやすいケースと成功の確率を上げるための対処法をまとめました。

日本のクソ労働環境から抜け出したいけど、海外就職の術が分からないというあなたに読んで頂きたいです。

海外就職で失敗しやすい人の特徴5選

語学力が乏しい

アジア圏では日本語だけで応募可能な求人もあります。しかし、日常会話レベルの英語もままならないと現地で生活し続けるのは難しいでしょう。

日本語だけで応募できる仕事は給料が非常に安く、日本人としか接しないので、海外に居る感がなくなり、徐々につまらなくなってきます。

海外に居る以上は、現地の人と接したり、その文化を体験することが醍醐味なので、日本語だけだとその機会を失ってしまいます。

なので、海外就職する前に日本で、必ず日常会話レベルの英語はマスターしておきましょう。

日本で英語学習するならばこれらがおすすめです。

いつも日本人だけで固まる

上記に関連していますが、語学力が乏しいと現地の人との関わりが億劫になってくるので、その結果、現地に居る日本人とだけ固まるようになります。

それを全て否定するつもりはありませんが、言語や文化の違いを乗り越えようとせず、結果的に日本人としか関わらなくなってしまうと、その国に愛着を感じることが出来なくなります。

その結果、そこに居る事に嫌気が差して帰ってしまう事もあるでしょう。

現地の下見をしない

興味がある国があれば、先ずはその国に行って、環境が合うかどうか下見して下さい。

下見せずに、インターネットやガイドブックの情報だけで来てしまうと、後で色々とこんなはずじゃなかったと思う事が出てきます。

プーケットでも、一度もここに来たことがないのにガイドブックなどの情報を見ただけで働きに来た日本人が何人か居ましたが、皆環境が合わず短期で退職しています。

現地の文化に馴染もうとしない

国が違えば当然文化や言語が異なります。

それを理解しようとせずに、この国のここは嫌い!どうしてこうなの?」とばかり言ってても何の進歩もありません。

郷に入っては郷に従えです。自身の視野が広がらない限りは、そこに居づらくなるだけです。

受動的な性格

海外では日系企業であっても新卒社員だけを採用する文化はないので、日本の新卒研修みたいな充実した研修がありません

会社に入社した以上は即戦力とみなされますので、基本的な仕事の流れや、システムの使い方などを教わったら、あとは自分で考えて仕事して!というのが一般的です。

そのため、その都度「これどうしたらいいですか?」とか「新人なのでわかりません」と言うような自分で考えて行動出来ない人にとってはキツイ環境だと思います。

今からでも人に頼らずに、分からない事は自分で調べたり、自分で解決する習慣を付けましょう。

失敗しないための対処法4選

働きたい国を決めて、その国を下見する

同じ国でも都市によって人々の気質や気候、食事や住環境、職場環境は大きく異なります。

なので、先ずはガイドブックやインターネットの情報で構わないので、興味のある国を調べて、目的地が決まったら勢いでもいいので、先ずは下記で航空券とホテルを予約しましょう!

現地で見るべきポイントは

・街の雰囲気
・住環境
・食事
・交通手段
・語学(英語通用度がどの位か)
・給与と現地の物価
この中の一つでも合わないと思うならば、選択肢から外した方が良いでしょう。

海外転職エージェントに登録

同時にその国の日系転職エージェントに登録をして、現地で就職面談をすることもお勧めします。

その際、エージェントに複数登録する事をお勧めします。理由としては。。。。

・エージェントごとに得意な業界、職種が異なるので
・キャリアコンサルタントの良し悪しや相性が人によって異なるので

やはり就労条件、商習慣、法律などは国によって違うので、それらを熟知しているエージェントの仲介があった方が仕事を見つけやすい傾向にあります。

現地で働く人にコンタクト

このインターネットが発達している時代であれば、海外勤務している人のブログやSNSなど調べればたくさん出てきます。

海外就職する前から事前にこのような発信をしている人たちにコンタクトを取れば、相談に乗ってもらえるでしょうし、現地での求人を紹介してくれる可能性もあります。

経験者の生の現地情報ほど参考になる情報はないと思います。

こうでなければならないと決めつけない

海外に住むと日本に居る時のように事が進まないので、大小含めた様々なハプニングが起こる中で生活をすることになります。

言葉や文化の違いで苦労したり、食事が合わなかったり、道が分からなかったりなど多々あります。

いつもこうでなければならないと決めつけてしまうと、それを実現できなかった時にイライラして焦ったりしてペースが乱れます。

そうならないためには「Aがダメなら代わりにB」という感じで、常に別の選択肢を考え、思い通りに行かなくても「まあいいか」という気持ちを持つ方が良いと思います。

あとがき

要点を整理すると。。。。

海外就職で失敗しやすい人の特徴5選

・語学力が乏しい
・いつも日本人だけで固まる
・現地の下見をしない
・現地の文化に馴染もうとしない
・受動的な性格
そして失敗しないためには
・働きたい国を決めて、その国を下見する
・海外転職エージェントに登録
・現地で働く人にコンタクト
・こうでなければならないと決めつけない
私のような大した取り柄もない社畜ですら海外就職が実現できたのですから、あなたに出来ない訳がありません。
千里の道も一歩から始まります。あなたが本気で日本のクソ労働環境から抜け出したいと思うならば今から行動しましょう!

最後にブラック企業を排除している転職エージェントもまとめておきます。

転職エージェントへの登録は5分程度で終わり、一度登録すればあとはそこから興味ある求人に応募するだけなので、是非気軽に行動を起こしてみましょう!
 

✔ブラック企業を排除している転職エージェント

第二新卒・既卒に特化した就職サポート/ウズキャリ
※内定率83%以上を誇る10代~20代の第二新卒・既卒を対象とした就職エージェント
ネオキャリア第二新卒エージェントneo
※第二新卒就職/転職エージェントneoは10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
フリーターや第二新卒の転職をサポート/キャリアスタート
※若手に特化した徹底したサポートとマッチングで、入社後の定着率は92%以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました