大企業に入っても全てがハッピーエンドではない理由5選

ブラック企業へ宣戦布告


 
こんにちは。プーケットに逃亡した元社畜Massaです。

これから就職活動を始めるあなたは大企業に入りたいと思っていますか?大企業の定義とは業種によって異なりますが、資本金が5,000万円以上且つ従業員が50人以上が大企業の最低限の基準です。

この基準に沿えば、私が最初に入った建設会社Tや他の働いた事がある会社も大企業という事になるので、複数の大企業で働いてみて思ったことは。。。。
大企業に入っても全てハッピーエンドではなく、ブラック企業も沢山あります。

大企業に入って安定した人生を送りたいと思っている人も多いけど、大企業に入るだけで人生が安定するわけがないし、むしろ入った後に沢山のハードルを乗り越えないと生き残って行けずに淘汰されるだけです。

本日は大企業に入っても全てがハッピーエンドではない理由を私の経験を交えて書いて行きます。これから就職活動を始めようとしているあなたに読んで頂きたいです。

職種が選べない

大きな企業であれば毎年入って来る新卒社員の数も非常に多く、いちいち一人一人の希望職種など聞いてくれません。

その為、最初は総合職とか技術職みたいな大雑把な分類で入社する事になり、その後人が空いてる部署に配属されますが、一定周期ごとの職種異動が頻繁に起きるので、入社後最低5年位は自分の希望する職種で働けることは少ないです。

そしてたくさんの職種を経験出来るものの、どの経験も広く浅いものばかりのジェネラリストになるだけで、今後別の場所でキャリアアップしようと考える場合はアピールできる能力と言う点は乏しいでしょう。

結局何年も居たけど、一度も自分の希望する仕事が出来ずに辞める人も少なくありません。

勤務地が選べない

特に全国に事業展開している大企業であれば、職種と同様に社員の希望勤務地も聞いてくれません。

私もそうでしたが、特に総合職という肩書で入社したのであれば、会社の一方的な判断でいきなり別の拠点とか最果て部署に飛ばされるなんて珍しくありません。

私が辞めた後の話ですが、最初に入った会社でも私が嫌っていた老害上司が不可解な人事異動で九州の地方都市に飛ばされたと聞いたことがあります。

そもそも先進諸国ではどこに住むかは社員が選ぶ権利があるので、会社の一方的な都合で別の拠点に異動させ、、異動拒否した社員を解雇するのは人権侵害且つ違法です。

しかし残念ながら、日本の大企業ではそのような人権侵害が平然と行われています。

上司が選べない

大企業では面接や説明会の時に良い印象を持っていた社員があなたの上司になる可能性が低く、役員や社長とも距離が遠い事が殆どです。

例えば、私は都内の広告会社Aで働いていた時は仕事自体もそこまで大変でなく、給料もそこそこで周りとの人間関係も悪くなかったんですが、ある時から社内一の嫌われ者のNという老害が運悪く私の上司となってしまい、Nが部署に来たことで雰囲気が悪くなり、私含め何人も退職者が出ました。

こんな感じで、どんなに評判が良いホワイト企業や大企業だとしても、入った部署の上司が無能なパワハラクソ野郎であれば一気にブラック企業と化します。

そのため、自分の直属の上司次第であなたの会社での運命が変わるので、まるでロシアンルーレットです。

成果が給料に反映されにくい

大企業は収入が良いと考えてる人が多いと思いますが、現実は大企業では年功序列的な全社員一律の給与規定が決まっている事が多いので、若手のうちは給与が安い事が殆どです。

私が最初に入った会社でも新卒は月給20万円でしたし、他の会社でも20代であればどんなに頑張っても年収400万円が精一杯という感じでした。

何故ならあなたがどんなに優秀で多くの利益を上げたとしても、その利益は一旦全て会社に吸い上げられ、会社全体が出した利益を合計して社員に分配するからです。

しかも会社の給与規定により、能力がないのに長く居るだけの老害が800万円以上貰ってる事も当たり前なので、利益も出せないどころか会社のコストにしかなってない老害が基本給が高いだけという理由で皆が頑張って出した利益が多く分配されるのです。

しかし、時代は変わって、長く居るだけの老害が高給を払える会社は徐々に減っているので、こういう老害はリストラされていくだけです。

無駄な仕事が多い

私が大企業で嫌いだったものは、無駄な仕事や悪習が多い事です。

私が居た会社でも、紙の稟議書をいちいち全ての管理職や役員に回して決済を仰ぎ、全ての人間がハンコを押して承認しないと事が進まない事ばかりでした。

しかも、たかが紙にハンコを押すのが遅い奴がいると、いつまでも決済が進まない非効率な悪習が当たり前の様に横行しています。

他にも仕事が出来ないクソ老害上司が、会社の偉い人にアピールをするための無駄な会議などもあったのですが、2~30人位集まってるのに殆どがうわの空で、その老害だけが余計な事をベラベラと2時間も話してるようなクソみたいな会議もありました。

あとがき

大企業に入りたい理由として安定を求めたいからと言う人は多いですが、安定した企業など存在しません。

仮に今安定しているように見えても、その会社の商品や技術を上回るモノが出てきたら、その会社は市場で淘汰され安定を失う事なんて当たり前です。

富士山が遠くから見たらキレイなのに近くで見たらゴミだらけの様に、大企業は外からの見た目は素晴らしいけど内部が腐敗しているなんて事は珍しくないので、大企業が全て素晴らしいなんていう幻想は今すぐに捨てた方が良いでしょう。

そして、そんな大企業は簡単に変革出来ないので「入社したら自分が会社を変えてやろう!」なんて考えるだけ無駄です。

そんなエネルギーがあるなら、最初から若い経営者がいる風通しの良いベンチャー企業とか成果主義の外資系企業など自分が成長しやすい環境を目指す方が良いでしょう。

最後にブラック企業を排除している転職エージェントもまとめておきます。

転職エージェントへの登録は5分程度で終わり、一度登録すればあとはそこから興味ある求人に応募するだけなので、是非気軽に行動を起こしてみましょう!
 

✔ブラック企業を排除している転職エージェント

第二新卒・既卒に特化した就職サポート/ウズキャリ
※内定率83%以上を誇る10代~20代の第二新卒・既卒を対象とした就職エージェント
ネオキャリア第二新卒エージェントneo
※第二新卒就職/転職エージェントneoは10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
フリーターや第二新卒の転職をサポート/キャリアスタート
※若手に特化した徹底したサポートとマッチングで、入社後の定着率は92%以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました