年末年始に仕事しなければいけない職場を辞めるべき理由4選

ブラック企業へ宣戦布告


 
こんにちは。プーケットに逃亡した元社畜のMassaです。

クリスマスが終わっていよいよ年末年始となり、休暇に入る人もさぞかし多いと思います。

しかし、多くの人が休暇に入るこの時期にいつも通りどころか忙しくなる仕事をしている人も少なくありません。

私もフリーター時代に年末年始忙しくなる仕事をしてましたが、この時期に仕事をしなければいけない職場で働いても報われる事はないので、今すぐに辞めることをおすすめします。

本日は年末年始に仕事しなければいけない職場を辞めるべき理由を書いて行きます。

年末年始もいつも通り仕事をしなければならないあなたに読んで頂きたいです。

体力を使う現場仕事ばかり

年末年始は普段オフィス勤務のサラリーマンの殆どが休みとなる時期です。

言い換えれば、年末年始に出勤しなければいけない仕事の殆どが体力を使う現場仕事ばかりです。

実際に私が年末年始にした仕事はこんなのばかりでした。

・デパートの食品レジ
・イベントの警備員
・福袋販売
・神社でのお守り販売
こんな感じでどれも対面で人と接しなければならない現場仕事であり、しかも年末年始という皆が休暇に入っている時期なので普段に比べて忙しさも半端なく、人出が多いという事に比例して頭のおかしい輩に出会う確率も高くなります。
人が多くて忙しい上にたくさんのアホを相手にしなければいけないので、年末年始の仕事というのはいつもの数倍はストレスや疲労が溜まります。

待遇が悪い

年末年始の仕事だけではありませんが、こういうブルーカラーの仕事は例外なくどれも低賃金で使われる仕事ばかりです。

実際に特別なスキルなど必要とされない誰にでもできる仕事であることが多く、そういった環境でしか働けない人向けの給料しか出ていない職場ばかりです。

そして誰でも出来る仕事なので、いくらそこで長く働いたところで待遇が改善する事は絶対にありえないし、改善を訴えても、「嫌なら辞めろ!」と完全に足元を見られて一蹴されるだけです。

年末は売り上げが多い時期で、普段の数倍売り上げがあるにもかかわらず、一番負担が大きいはずの現場で働く社員への見返りは殆どありません。

せいぜい少しばかりの年末年始手当が出るだけで、給料も数倍になる事は先ずあり得ません。

休日が少ない

このような現場仕事は給料だけでなく、休日も非常に少なくなる傾向があります。

正社員として現場仕事で働いたとしても、一般企業のようにゴールデンウイーク、夏休み、年末年始のような書き入れ時に休める事は先ずないので、必然的に休みが少なくなります。

普段も土日祝休みではなく平日で週休二日制である事が殆どなので、年間休日は110日行かない事は当たり前です。

そのため、待遇が悪い上に休日も少ない事が原因で離職率は非常に高く、会社も必要以上に現場にお金を使わないので常に慢性的な人手不足が起こり、それを埋め合わせるために更に休日が少なくなる悪循環に陥るのです。

これが現場仕事はブラック企業が多い理由でもあります。

職場で足の引っ張り合いが横行する

そして年末年始に仕事をしてる職場というのは例外なく雰囲気も悪いです。

なぜなら普段から待遇が悪く、休みも少ない上に年末の忙しさも重なって滅茶苦茶ピリピリした一触即発の雰囲気になるからです。

さらに人と接しなければならない現場仕事なので、否が応でも年末年始休暇を楽しそうに過ごしている人々の姿が目に入ってきます。

そういう人達を見ると、皆「自分はこんなに忙しくて苦労しているのに、こっちの苦労も知らずにあいつらあんなに楽しそうにしやがって!」というような負の感情を持ち始め、その負の感情は同じ職場で働く仲間に矛先が向けられます。

例えば、誰かが一番忙しい年末年始に休もうとしただけで。。。。

自分たちは年末忙しくて苦しい思いをしてるのに、あいつだけ休むのはズルい!許さん!

みたいに皆と同じように苦労をしない人間を総出で叩き始めるのです。

本来であれば劣悪な待遇しか用意しない経営者を叩くべきなのに、経営者でもない現場社員が経営者の味方をして、職場でお互いの足を引っ張り合うのです。

以前、どこかのニュースで「アルバイトは年末年始休んで良いか?」というアンケートが実施された事があり、なんとその結果が。。。

・職場に協力すべき 71%
・自由にとっていい 29%

この結果を見るだけで、いかに日本人が他人の足を引っ張るのが好きなのかがよく分かります。

あとがき

以上の理由から、年末年始と正月に仕事しなければいけない職場を辞めるべきと断言します。

例外的に治安維持に必要な仕事や自営業、神社など宗教施設を営んでるとかでない限りは、どの仕事も底辺の低賃金肉体労働です。

そして若いうちはまだ良いですが、歳を取ればとるほどこういう仕事は滅茶苦茶きつくなってくるので、必然的に稼ぎも少なくなっていきます。

あなたがまだ若いのであれば、底辺から抜け出すチャンスはいくらでもあるし、こんな底辺で長期間消耗し続けるのは時間と労力を無駄にし続けるだけです。

歳を取ればとるほどそのチャンスも減っていくので、若いうちに底辺から抜け出すために早く行動を起こしましょう!

最後にブラック企業を排除している転職エージェントもまとめておきます。

転職エージェントへの登録は5分程度で終わり、一度登録すればあとはそこから興味ある求人に応募するだけなので、是非気軽に行動を起こしてみましょう!
 

✔ブラック企業を排除している転職エージェント

第二新卒・既卒に特化した就職サポート/ウズキャリ
※内定率83%以上を誇る10代~20代の第二新卒・既卒を対象とした就職エージェント
ネオキャリア第二新卒エージェントneo
※第二新卒就職/転職エージェントneoは10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
フリーターや第二新卒の転職をサポート/キャリアスタート
※若手に特化した徹底したサポートとマッチングで、入社後の定着率は92%以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました