みなし残業手当がある会社はブラック企業の証である理由4選

ブラック企業へ宣戦布告


 
こんにちは。プーケットに逃亡した元社畜Massaです。

私は社畜時代に転職エージェントをやっていて、たくさんの企業の求人を目にする機会があったのですが、そこで気になったのがみなし残業手当を導入している企業が非常に多かった事です。

みなし残業手当とは、実際残業した時間にかかわらず、毎月同じ額の残業手当が支給されるという制度で、一見残業代をきちんと支給してくれるホワイト企業のように思えますが、実際はそれとは真逆の超真っ黒なブラック企業ばかりです。

元転職エージェントの立場としては、このみなし残業手当という言葉が求人票に書いてあった時点で応募を控える事を強くおすすめします。

そこで本日はみなし残業手当がある会社はブラック企業の証である理由を書いて行きますので、みなし残業手当がある会社で働いているあなたに読んで頂きたいです。

残業が少ない事はあり得ない

みなし残業手当の唯一のメリットとしては、あなたが残業が少ない会社で働いていて、例えば毎月30時間分のみなし残業手当支給だけど、実際の残業時間はそれ以下という事であれば労働者は得をします。

しかし、実際はそんな幻想みたいな事は10,000%あり得ないと断言できます!

そもそも、みなし残業手当を導入する会社と言うのは残業が常態化していて、社員に残業代をフルに支給すれば確実に赤字になるので、少しでもコスト削減をするためにみなし残業手当を導入しているのです。

間違いなく定時で帰れない

自分の仕事が終わってるなら定時で帰って、みなし残業手当を丸々もらえれば得するじゃん!?みたいに思っている人にガチで回答をすると。。。。

そんなコスト削減しか考えてない会社が、社員を定時で帰らせることなど絶対になく、早く帰ろうとすると「みなし残業手当を払ってるんだから、その時間分残業するのが筋だろ?」などと言って、経営者でもない社畜が足を引っ張ってきます。

例えるならば、こいつらは食べ放題で2,000円払ったんだから、2,000円分は食べてやると元を取るために躍起になってるのです。

本来は仕事を定時内で終わらせて定時で帰ることが当たり前なのに、こういう会社はみなし残業手当の元を取りたいがために社員に無駄な残業を強いる事が当たり前なのです。

規定以上の残業代は貰えない

法律上はみなし残業手当がある場合は、その時間分を超える残業をしたら追加請求できるのですが、こういうコスト削減しか考えてない会社は色々理由を付けて追加の残業代を払う事を渋ってきます。

また食べ放題の例を出すと、みなし残業手当がある会社は「いくら食べても2,000円なんだから、限界ぎりぎりまで食べ続けてやる!」と躍起になってるようなものです。

なので、そういう会社は社員の時間を無制限使い放題だと思っているので、限界ぎりぎりまであなたを酷使して、少しでも元を取ろうとする卑しくてセコイ会社だという事です。

求人票で基本給を水増しして書いてる

こういうみなし残業手当を導入している会社の求人を見ても、基本給が書いてある欄にみなし残業手当も混ぜて、見栄えを良くして応募者を集めています。

つまりみなし残業手当を使って基本給を水増ししている偽造行為をしています。

例えば、私が居たブラック企業も基本給23万円+みなし残業手当16万円というような感じなのですが、採用通知書を見ると基本給39万円と書かれていました。

そしてそういう会社に限って、面接時は「うちは残業代全部出す」とか言っておきながら、いざ採用の段階になると後出しで「残業代は基本給の中に含まれているが残業はそこまで多くないから実質全額支給になる」とか言って、候補者を騙してくる会社とすら呼べない詐欺グループなのです。

金払いが悪い会社

まず労働者が規定以上の残業代が貰えないのは言うまでもなく、それ以外にも賞与なども少なくなります。

例えば賞与3か月分と書いてあったとしても、基本的にみなし残業手当を抜いた基本給の額を基に算出されるので、上記の例だと117万円でなく69万円になるのです。

それ位ケチらないと会社が運営できないような自転車操業の会社である事が殆どで、コストや人員を出来るだけ少なくして、最大限フルに使い倒す事が当たり前の会社です。

そして慢性的に長時間労働になるので、どう転んでも労働者が得をする事はあり得ません。

あとがき

そしてこういう会社は「残業代はしっかり払っているの文句ばかり言いやがって!働けるだけありがたいと思え!」みたいな感じで開き直ってくるので、「自分は間違ってるのか?」と錯覚する事もあります。

しかし間違ってるのは嘘の求人を作って、コスト削減のために社員を定額使い放題でフルに使い倒そうとする会社の方です。

残業代は働いた分全額支給しなければいけないですし、みなし残業手当が気になるのであれば面接の段階で事細かに質問した方が良いです。

むしろ質問にきちんと答えず、お茶を濁したり、「仕事への意欲が感じられない」とか言って難癖付けてくる会社はやましい事があるので、むしろこちらから願い下げで問題ありませんし、そんな会社で無理して働いてもあなたが搾取され続けるだけので、早く関わりを断ちましょう。

最後にブラック企業を排除している転職エージェントもまとめておきます。

転職エージェントへの登録は5分程度で終わり、一度登録すればあとはそこから興味ある求人に応募するだけなので、是非気軽に行動を起こしてみましょう!
 

✔ブラック企業を排除している転職エージェント

第二新卒・既卒に特化した就職サポート/ウズキャリ
※内定率83%以上を誇る10代~20代の第二新卒・既卒を対象とした就職エージェント
ネオキャリア第二新卒エージェントneo
※第二新卒就職/転職エージェントneoは10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
フリーターや第二新卒の転職をサポート/キャリアスタート
※若手に特化した徹底したサポートとマッチングで、入社後の定着率は92%以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました