ノー残業デーがある会社で働いても消耗するだけな理由4選

ブラック企業へ宣戦布告


 
こんにちは。プーケットに逃亡した元社畜Massaです。

あなたはノー残業デーがある会社と聞いて、どう思いますか?間違っても定時で帰れるなんていい会社!なんて思わないようにして下さい。

私も社畜時代にノー残業デーがある会社で働いていましたが、そもその何も意味がないクソみたいな取り組みで、ノー残業デーがある会社自体が働いても消耗するだけのゴミ捨て場です。

本日はなぜノー残業デーがある会社で働いても消耗するだけな理由を書いて行きます。働いてる会社でノー残業デーがあるあなたに読んで頂きたいです。

残業が常態化している

そもそも皆勘違いしてますが、残業がない会社が素晴らしくて、残業がある会社が当たり前と思っていますが、本来は残業と言うのは突発的に発生するようなもので、残業がなくて定時で帰れる事が当たり前なんです。

残業がない企業が日本でホワイト企業と呼ばれるのは、その他の会社が残業だらけのブラック企業だからです。

そしてノー残業デーを謳っている会社も、それ以外の日は残業が当たり前で、定時で帰れるなんて夢のまた夢という事です。

普段が残業だらけのブラック企業が、たまにノー残業デーをすれば良い会社だと褒められてますが、これはまるで普段は悪事を尽くす犯罪者がたまにいい事をしたくらいで、「本当は良い奴だ!」と褒められる事くらい矛盾しています。

人手不足の会社

残業が常態化している会社と言うのは異常な位業務量が多く、それをこなす人手不足の会社です。

そして人手不足というのはほぼ間違いなく、その会社自体に魅力がなく賃金が安いので人が集まらない傾向にあり、まともな企業が簡単に効率よくこなせる業務でさえ、総動員でフル稼働しても終わらないのです。

言うまでもなく事業が儲かっておらず、待遇を良くしたり、新たな人材を雇う体力もないので、小手先の解決策としてノー残業デーを導入していますが、結局今抱えている問題を先送りにしているだけで、その前後のノー残業デー以外の日にしわ寄せが来ます。

野球で雨天中止の次の日にダブルヘッダーやるようなもので、どう考えてもダブルヘッダーの方が体力的にきついのです。

残業代を払いたくない会社

本当は残業だらけのブラック企業だけど、全て残業代を払ってしまえばまともに利益を出す事もままならなくなる自転車操業の企業ばかりです。

そのため物凄い仕事量は多いけど、ノー残業デーという事にして「自主残業するならば会社からの命令じゃないから残業代は払わない」という事にしてコスト削減をしたいだけです。

実際はノー残業デーに全員ノー残業で定時に帰れるなんて事は無く、残業をしないと仕事が終わらなくなるので、やむを得ず残業代が出ないサービス残業をしなければならなくなるのです。

ノー残業デーはノー残業代デーと思って下さい。

皆で不幸になりたい社畜が居る

実際、私が居た会社でもノー残業デーは全員定時にきっかり帰るか?と言ったら、答えはノーです。

ノー残業デーでもやる気を見せたいのか他にやることがないのか知らないが、進んで自ら残業をして頑張ってますアピールをしている社畜が大勢居て、定時後でも帰る素振りすら見せません。

まあ百歩譲って、仕事にやる気があってやりたい奴だけ好きなだけやればいいんじゃね?と思って、私は定時に帰ろうとすると、ある社畜がこう言いました。。。。

「君はノー残業デーだからと言って甘えて定時で帰ろうとするのか?先輩たちは定時後も一生懸命仕事に取り組んでいるのに、君一人だけ帰ろうなんて社会人の自覚が足りないんじゃないの?」

は?こいつは日本語理解できないホームラン級の大馬鹿なのか?とマジで思いました。

残業代も出ず、長時間労働が慢性化してるようなクソ労働環境なのに、環境改善のために努力するわけでもなく、少しでも自分と同じようにクソ労働環境に苦しむ人を増やすことに躍起になって人の足を引っ張るような輩が大勢居ます。

まるで肥溜めに落ちたのに、そこから脱出する事にエネルギーを使わず、近くを歩いている人を肥溜めに引きずり込んで、同じ苦しみを味わわせやりたいと思ってる腐った家畜の糞以下の輩です。

あとがき

残業がない事がホワイト企業でも何でもなく最低限の基準なのですが、日本では残業がない定時で帰れる会社が素晴らしい待遇のホワイト企業になっているので、皆感覚がおかしくなっています。

そしてノー残業デーをやってる会社は、残業を減らす取り組みを行っているふりをしているだけで、実際は他の日は常に残業が当たり前で、ノー残業デーに残業しなかった分がその前後の日にダブルヘッダー残業となるのです。

まともな企業なら業務量を調整するか、新たな人材を採用するなど中長期的な取り組みをするはずですが、ノー残業デーしか解決策が無いという事であれば、経営者が無能か儲かっていない自転車操業の沈没してゆく船のような会社です。

そんなクソみたいな肥溜めで消耗するエネルギーがあるなら、早く見切りを付けて、何も言わなくても毎日が当たり前のようにノー残業デーになる会社に転職するためにエネルギーを使いましょう。

最後にブラック企業を排除している転職エージェントもまとめておきます。

転職エージェントへの登録は5分程度で終わり、一度登録すればあとはそこから興味ある求人に応募するだけなので、是非気軽に行動を起こしてみましょう!
 

✔ブラック企業を排除している転職エージェント

第二新卒・既卒に特化した就職サポート/ウズキャリ
※内定率83%以上を誇る10代~20代の第二新卒・既卒を対象とした就職エージェント
ネオキャリア第二新卒エージェントneo
※第二新卒就職/転職エージェントneoは10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
フリーターや第二新卒の転職をサポート/キャリアスタート
※若手に特化した徹底したサポートとマッチングで、入社後の定着率は92%以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました