利益出せない奴に残業代払わないという迷言に反論する方法

ブラック企業へ宣戦布告


 
こんにちは。プーケットに逃亡した元社畜のMassaです。

あなたがいる会社は残業代は全て支払われてますか?それとも「お前は利益をまともに出してないのに、一丁前に残業代を申請ばかりして会社に対して申し訳ないと思わないのか?」みたいな頓珍漢な迷言を言われましたか?

私も似たような事を言われたことがありますが、一見もっともらしい理屈に思えますが要は会社は残業代支払いに難癖を付けて、あなたを定額使い放題にしてあなたの賃金を盗もうとしているんです。

無論利益が出せない社員に残業代を払わないという理屈は間違っているので、これからガチで反論する方法を書いて行きます。残業代が全て支払われてないあなたに読んで頂きたいです。

残業代請求に利益を出したかどうかなんて関係ない

会社と社員はお互い雇用契約を結んで、契約した時間拘束されてその分のお金をもらうだけの関係です。つまり会社が社員の時間を買って仕事をさせているだけです。そしてその時間内に利益を出せるようにするのは会社の仕事であって、社員の仕事ではないので、社員は指示に反する事をしない限りは会社が全ての責任を負うのです。

なので、利益が出たかどうかに関係なく社員側が拘束された分の残業代を請求するのは当然の権利ですし、それを拒否する会社は盗んだ金を返せと言われても返さない泥棒と同じです。

そもそも利益を出さないと給料や残業代を払わないと言うのであれば、最初から基本給を抑えて成果によって給料が変わる歩合制にすれば良いだけです。ただ時給で人を雇っているのであれば、会社が残業代を払わないのはれっきとした法律違反です。

たくさん利益を出したとしても給料は増えない

会社側が少しでも人件費を抑えたいのはわかりますが、仮にある社員の成績が良くて利益がたくさん出たら、その分給料が増えるかと言えば増えません。

特に事務職であれば、どんなに大量の仕事をこなして会社の利益に貢献しても給料が増えるなんてほぼないし、時給労働であればどこも大差なく、あってせいぜい寸志くらいです。

利益が出せない奴が残業代を請求してはいけないと言うなら、利益が出てる奴には色を付けて残業代を出すようにするのが筋ではないですか?それが嫌なら最初から具体的にいくら以上利益出したら残業代付けて良いという基準も作って歩合制にすべきなのに、それもなしに頓珍漢な理論だけ押し付けて来るのは筋が通ってません。

出るとこ出れば残業代を取り返せる

会社が残業代払わないなら残業を拒否するか、出るとこ出て争って会社が払ってない残業代を請求してやればいいのですが、現実として在職中に会社と争ってしまうと間違いなく居づらくなるので、退職が確定してから争う形にした方がよいと思います。

こういう会社は他の事も平気で違反をするブラック企業と言って間違いないし、長く働けば働くほど搾取されて消耗するだけです。一方的に自分たちの都合でルールを破って、曲論を正当化して社員から堂々とお金を盗もうとする会社で働く価値などありません。

そんな会社は出来るだけ早く辞めて証拠集めをして、残業代をまとめて請求することが良いでしょう。

あとがき

会社と社員は対等であるべきですが、残念ながら未だに日本では昔の産業革命時代のように会社側が社員に一方的に不利な条件を押し付けているのが現実です。

正常な判断が出来るうちに残業代の支払いを拒否する悪徳企業との関係を断ち切り、新たな一歩を踏み出すように行動すべきです。年取れば取るほど抜け出すチャンスも減っていきます。

どんなブラック企業でも人が居なければ稼働できず潰れてしまいますが、そこの何も考えずに長く働き続けるのはブラック企業の養分になっているので同罪です。

そもそも、まともな会社であれば残業代は全て支払われますし、それがホワイト企業ではなく最低限の基準なので、それすら払わないのはブラック企業どころか残業代窃盗団もしくは詐欺グループと呼んでも良いでしょう。

最後にブラック企業を排除している転職エージェントもまとめておきます。

転職エージェントへの登録は5分程度で終わり、一度登録すればあとはそこから興味ある求人に応募するだけなので、是非気軽に行動を起こしてみましょう!
 

✔ブラック企業を排除している転職エージェント

第二新卒・既卒に特化した就職サポート/ウズキャリ
※内定率83%以上を誇る10代~20代の第二新卒・既卒を対象とした就職エージェント
ネオキャリア第二新卒エージェントneo
※第二新卒就職/転職エージェントneoは10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
フリーターや第二新卒の転職をサポート/キャリアスタート
※若手に特化した徹底したサポートとマッチングで、入社後の定着率は92%以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました