【日本脱出の第一歩】海外就職をするためにすべき事5選

日本の社会問題


 
こんにちは。プーケットに逃亡した元社畜Massaです。

あなたは海外での就職に興味がありますか?海外就職という言葉を聞くだけで、一部のエリートだけのものと思っているかもしれません。

しかし、私のような英語位しか取り柄がない元社畜でも海外就職を実現出来た位ですから、ハードルが超高いなんて事はありませんが。。。

海外就職に興味がある人「海外就職を考えてますが、何から準備をしていいのかわかりません。先ずすべき事は何か教えて下さい。

と悩んでいるあなたに向けて、本日は海外就職をするためにすべき事を書いて行きたいと思います。特に日本のクソ労働環境に嫌気が差してるあなたに読んで頂きたいです。

何故、若者が海外に出るべきか

一番の理由は、日本のクソ労働環境が海外では当たり前ではなく、間違っている事に気付くべきだからです。

例えばこんな感じの労働環境が海外では当たり前です。

①低賃金で質の高い仕事(サービス)を要求される
➡海外ではスタッフレベルであれば重い責任もなく、結構皆ゆるく仕事してる
②異常なまでに時間に厳しい
➡海外では数十分遅刻してもそこまで大きな問題とされない
③お客様は神様
➡海外では客と店は対等
④皆の目を気にして定時に帰れない
➡海外では自分の仕事が終わったら、皆さっさと定時に帰る
日本のクソ労働環境は、皆がお互いに首を絞め合っているようなもので正直息苦しいです。
そのため、日本のクソ労働環境が当たり前という洗脳から解放されるために、海外を見てみるというところからスタートしても良いと思います。

海外に出る前に準備すべき事5選

先ず最初に海外に出る前に準備すべきことは、下記の通りです。

①英語の勉強
②海外旅行に行く
③海外転職エージェントに登録
④会社を利用する
⑤現地で働いてる人にコンタクト
下記にてそれぞれの詳細について説明をして行きます。

英語の勉強

海外の殆どの地域では日本語しか話せず、日常会話レベルの英語もままならないと現地で生活し続けるのは難しいでしょう。

なので、海外就職する前に日本で必ず日常会話レベルの英語はマスターしておきましょう。

日本で英語学習するならば。下記のようなスタディサプリがおすすめです。

海外旅行に行く

興味がある国があれば、先ずはその国に行って、環境が合うかどうか下見して下さい。

下見せずに、インターネットやガイドブックの情報だけで来てしまうと、後で色々とこんなはずじゃなかったと思う事が出てきます。

なので、先ずはガイドブックやインターネットの情報で構わないので、興味のある国を調べて、目的地が決まったら勢いでもいいので、先ずは下記で航空券とホテルを予約しましょう!

海外転職エージェントに登録

同時にその国の日系転職エージェントに登録をして、現地で就職面談をすることもお勧めします。

その際、エージェントに複数登録する事をお勧めします。理由としては

・エージェントごとに得意な業界、職種が異なるので
・キャリアコンサルタントの良し悪しや相性が人によって異なるので
やはり就労条件、商習慣、法律などは国によって違うので、それらを熟知しているエージェントの仲介があった方が仕事を見つけやすい傾向にあります。

会社を利用する

あなたが今会社員なのであれば、会社を利用して自分が将来やりたい事を勉強しましょう。

学びたい事を決め、それが出来る会社に入り、働いて給料を貰い、スキルアップして、スキルを習得したら去っていく。

そのスキルが未経験だったとしても、最初は自分で独学で勉強しまくればチャンスが広がります。

このように考えたら、クソ労働環境でも「将来のステップアップのため」と思えばまだ耐えられると思います。

現地で働いてる人にコンタクト

このインターネットが発達している時代であれば、海外勤務している人のブログ、SNSなど調べればたくさん出てきます。

海外就職する前から事前にこのような発信をしている人たちにコンタクトを取れば、相談に乗ってもらえるでしょうし、現地での求人を紹介してくれる可能性もあります。

経験者の生の現地情報ほど参考になる情報はないと思います。

海外就職を失敗しないための心構え

これらが一番重要だと思います。

①英語若しくはその国の言葉を学習する
➡海外に居る以上は、現地の人と接したり、その文化を体験することが醍醐味なので、語学力が乏しいとその機会を失ってしまう
②現地の日本人だけでいつも固まらない
➡言語や文化の違いを乗り越えようとせず、日本人としか関わらなくなってしまうと、その国に愛着を感じなくなる
③能動的に動く
➡日本のように手取り足取りの研修がないので、その都度「これどうしたらいいですか?」とか「新人なのでわかりません」と言うような、自分で考えて行動出来ない人にとってはキツイ環境
④こうでなければならないと決めつけない
➡日本に居る時の様に事が進まないので、いつも「こうでなければならない」と決めつけず、常に別の選択肢を考え、思い通りに行かなくても、「まあ、いいか」という気持ちを持つ方が良い

あとがき

長くなったので、要点を整理すると。

若者が海外に出るべき理由
➡日本のクソ労働環境が海外では当たり前ではなく、間違っている事に気付くべきだから

海外に出る前にすることは

①英語の勉強
②海外旅行に行く
③海外転職エージェントに登録
④会社を利用する
⑤現地で働いてる人にコンタクト
海外就職を失敗しないための心構え
①英語若しくはその国の言葉を学習する
②現地の日本人だけでいつも固まらない
③能動的に動く
④こうでなければならないと決めつけない
これらを実践していけば日本のクソ労働環境から抜け出すことが出来、海外就職が成功する可能性が高くなるでしょう。
先ずはクソ労働環境の会社から抜け出すために一秒でも早く行動しましょう!

最後にブラック企業を排除している転職エージェントもまとめておきます。

転職エージェントへの登録は5分程度で終わり、一度登録すればあとはそこから興味ある求人に応募するだけなので、是非気軽に行動を起こしてみましょう!
 

✔ブラック企業を排除している転職エージェント

第二新卒・既卒に特化した就職サポート/ウズキャリ
※内定率83%以上を誇る10代~20代の第二新卒・既卒を対象とした就職エージェント
ネオキャリア第二新卒エージェントneo
※第二新卒就職/転職エージェントneoは10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
フリーターや第二新卒の転職をサポート/キャリアスタート
※若手に特化した徹底したサポートとマッチングで、入社後の定着率は92%以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました