定時で帰れず残業が常態化する会社がブラック企業である理由4選

ブラック企業へ宣戦布告


 
こんにちは。プーケットに逃亡した元社畜Massaです。

私は社畜時代、定時で帰れるなんて都市伝説と言うレベルで、常に残業していました。

そんな残業が当たり前の会社で働いているとこれが当たり前で、定時で帰ることが悪い事だったり甘えてると思ってしまいがちですが。。。。

定時で帰ることが当たり前で、残業が常態化して定時で帰れない方が100%おかしい

そして残業が多い会社はどこも労働環境が悪い劣悪なブラック企業と断言します。

本日は定時で帰れず残業が常態化する会社がブラック企業である理由を書いて行きます。長時間残業で疲弊しているあなたに読んで頂きたいです。

最低限守るべきルールすら守れない

勘違いしてる人は多いですが、定時というのは法律で定められた一日で会社が社員に働かせて良い最大の時間と言う意味です。

日本では一日8時間労働が定時とされてますが、この8時間と言うのが最大限働かせて良い時間で、別にこれを下回る分には問題がないのです。

一方で残業と言うのは、繁忙期などでどうしてもこの8時間の間に仕事が終わらない場合に限って、会社が社員にお願いをして割増賃金を払って8時間以上働かせる事で、本来は定時で帰る事が当たり前です。

しかし、いつの間にか日本人は最大限の8時間だけ働いて定時で帰ることは悪い事で、それをオーバーする事が当たり前という感じで洗脳されています。

このような最低限守るべきルールも守らず、一方的に曲論を押し付けて社員を搾取して当然と言うような顔をしているブラック企業という事です。

会社が労働環境改善しない

このように残業が多い会社というのは、今いる人員に対しての仕事量がオーバーしているからで、こんな状態でいくら末端社員が毎日必死こいて残業したところで状況が改善しません。

そんな状況であれば会社側から人員を増やすか、一日の適切な業務量の調整などをしてなるべく今いる人員に対して負担を減らすように改善をしなければいけません。

しかし末端社員が頑張りすぎて、何とか仕事が回っていると会社が判断すると、何も対策をしなくなり、余計に社員にとって負担が増大します。

しかし、そのように社員への負担が増えると、どこかで必ず歪みが生まれて事故などが起き、何も対策をしなかった会社がそのツケを負わなければいけなくなります。

いずれにしても経営者が労働環境を改善する事をしない怠慢をしています。

定時で帰れる雰囲気じゃない

私の社畜時代もそうでしたが、どこの会社でも定時で席を立つ社員は皆無で、抜け出しづらい空気が支配していました。

皆で定時に帰るようにして少しでも労働環境を良くすれば良いのに、それどころか皆でわざわざ定時で帰りづらい雰囲気を作り出して、お互いに足を引っ張り合って皆で苦しみを分かち合おうとすらしている感じでした。

例えば、一回定時に帰っただけで、次の日の会議で同じ課の社畜にミーティングで。。。

成績が悪いくせに、一人だけ定時で帰るなんて仕事に対してのやる気が感じられない。もっとがむしゃらに努力する姿勢を見せるべきでは?

と経営者でも何でもない同じ平社員の社畜に名指しでけん制された事があります。

こんな感じで異常なまでの同調圧力が働き、しかもそれが皆の環境がより良くなるためではなく、皆で足を引っ張り合って不幸になる方向に働いてるのです。

まるで、皆で危険を冒してまで一斉に赤信号を無視して横断歩道を渡れば許されるようなバカみたいな風潮が未だに蔓延ってます。

無能社員の溜まり場になる

例えば、有能な社員が仕事を早く終わらせて定時内で帰ろうとしても。。。。

「周りが残ってるのに、なぜおまえ一人だけ帰宅するんだ?」と止められ、同調圧力により余分な仕事が与えられ、無駄に残業する事になったという事を経験した方も居ると思います。

有能な社員がどんなに早く仕事が終わっても、仕事をどれだけこなしても定時で帰れないと分かってしまったら手を抜くようになってしまいます。

しかもそれで給料が増えるならばまだしも、給料も据え置きで仕事を頑張ったことによる報酬を無条件で奪われてしまうということになると、手を抜いてダラダラやって帰れるようになるまで適当にやる他の無能な社員と同じようになり下がるのです。

そして有能な社員は愛想を尽かして出ていくので、会社自体が無能社員の溜まり場と化します。

あとがき

定時までの8時間働くことが最大限の基準で、それを守って定時で帰る事がいけない意味が全く理解できません。

そもそも定時で帰る事は社員の権利であり、会社が残業を強制するのであれば一方的に自分たちが結んだ契約を踏みつぶそうとしてる異常な会社と言う事です。

それなのに「定時で帰りたいなんて言ってたら、どこ行っても通用しないぞ!」と説教してくるバカも居ますが、日本のクソ労働環境しか知らない無能社畜の戯言なんで無視しましょう。

残業が多いのが当たり前なので、それに耐える事が美徳というクソみたいな風潮が出来上がってますが、残業が常態化している会社は経営者が怠慢で、その負担を末端社員に負わせてる相当頭が悪いゴミ以下のクソ野郎としか言いようがありません。

そんなゴミ以下のクソ野郎のために消耗する必要は一ミリもないので、真っ当な労働環境を提供する残業が少ない会社へ移るか日本のクソ労働環境から脱出する事にエネルギーを使いましょう!

最後にブラック企業を排除している転職エージェントもまとめておきます。

転職エージェントへの登録は5分程度で終わり、一度登録すればあとはそこから興味ある求人に応募するだけなので、是非気軽に行動を起こしてみましょう!
 

✔ブラック企業を排除している転職エージェント

第二新卒・既卒に特化した就職サポート/ウズキャリ
※内定率83%以上を誇る10代~20代の第二新卒・既卒を対象とした就職エージェント
ネオキャリア第二新卒エージェントneo
※第二新卒就職/転職エージェントneoは10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
フリーターや第二新卒の転職をサポート/キャリアスタート
※若手に特化した徹底したサポートとマッチングで、入社後の定着率は92%以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました