休憩時間に仕事しろと命令する会社は早く辞めるべき理由4選

ブラック企業へ宣戦布告


 
こんにちは。プーケットに逃亡した元社畜のMassaです。

あなたは休憩時間に仕事をしろと命じられた事はありますか?

私は社畜時代、休憩時間中なのに、新人だからという理由だけでどう考えても緊急業務ではない備品の片づけとか掃除をしろと命令された事があります。

他にも来客対応や電話番、休憩時間中の研修などどう考えてもわざわざ休憩時間を割いてまでやる業務を何度もやらされたことがあります。

そして、結論から言うと。。。。

休憩時間中に業務を命じる会社は、底辺ブラック企業以下の反社会的勢力です

 

私の時もそうでしたが、休憩時間中に仕事を命じるクソ野郎は「社会人として先輩たちの雑用を手伝うのが新人は当たり前なんだ!」とか言って、悪びれる様子もなく開き直ってきます。
そしてどんな会社であっても、休憩時間中に仕事をしろと命じられた時点で一秒でも早くその会社を辞めるべきだと断言します。
なぜなら、そんな会社で働いてもあなたが理不尽を押し付けられて消耗して行くだけだからです。
本日は休憩時間に仕事しろと命令する会社は早く辞めるべき理由を書いて行きます。
休憩時間中に仕事をしろと命じられた事があるあなたに読んで頂きたいです。

最低限のルールすら守れない

最初に言っておくと、休憩時間と言うのは会社からのご褒美でも何でもなく、法律で必ず取らなければいけないモノなのです。

そして、労基法上の休憩時間の定義とは、下記の通りです。

・労働義務が発生しない社員が自由に過ごせる時間
・勤務時間中に与えなければいけない
休憩を与えなければいけない基準としては。。。。
・6時間労働=最低45分
・8時間労働=最低60分
言うまでもなくこれらは最低限守るべきルールなので、休憩が貰えるから素晴らしい会社でも何でもありません。
そして、こんな最低限のルールすら守れない会社は他の労基法など守る訳などなく、最初から違法行為をする前提で会社を運営しているという事です。

仕事のパフォーマンスに影響を及ぼす

はっきり言って、8時間集中して働くというのは物凄いエネルギーを使います。

そのため休憩時間と言うのは中間地点で前半の仕事の疲れを取って、リフレッシュした状態で後半に臨むために非常に重要なものです。

しかし休憩が取れずにそのまま後半に突入するのを例えるならば、サッカーの試合でハーフタイムなしに90分ぶっ通しで走っておけという位無茶苦茶で、当然パフォーマンスが落ちてきます。

まともに疲れが取れてない状態で仕事を続けても、集中力を欠いてパフォーマンスが落ちてミスを誘発しやすい状況になるので、百害あって一利なしです。

結局、短い休憩時間を惜しんで仕事をさせ続けた事により、社員のパフォーマンスが低下して仕事の能率が悪くなれば結局は会社が損をするだけです。

つまり、目先の事しか頭になく、中長期的な視点で損得勘定が出来ない頭が悪い会社という事です。

社員の時間を軽視してる

休憩時間とは完全に労働義務が免除される時間であって、どこに行って何をしてようが完全に社員の自由です。

そして仕事の種類関係なく会社から業務を命じた時点で仕事となり、会社は休憩時間中も賃金を払わなければいけません。

しかし、私は社畜時代に昼休みの電話番を命じられた時、そこのクソ老害上司は。。。。

「どうせ座って休憩してるんだから、少しくらい電話番をしてても同じことだろ?」

という感じで私に休憩時間中に業務を命じてきたので、その時間分の賃金を払わなければいけませんが、このクソ老害上司は。。。。

「お前は利益になってない新人なんだから、その分休憩時間を返上して仕事をするのが当たり前だろ?」

と恫喝をして無償労働を押し付けて来たくらいです。

もちろんこんなのは全て頓珍漢なこじつけ且つ違法あり、こんな会社は休憩時間だけでなく、休日などの社員の時間を軽視して、ズカズカ土足で入ってくるブラック企業ばかりです。

社員の人権や権利がない

そして、休憩時間中にどう考えても緊急でない雑用を命令してくるのは、単に会社があなたに理不尽を押し付け、反抗したら更なる理不尽を押し付けると脅して搾取をしようとしてるからです。

そしてこんな会社がまともな労働環境を提供するわけもなく、サービス残業や長時間労働、パワハラなどが当たり前な職場環境です。

なぜなら、こういう会社では社員の人権や権利の意識が全くなく、会社は社員の事を自分たちがいつでも無限に自由に使ってよい奴隷としか思っていません。

これが奴隷と社畜の共通点でもあります。

なので、社員の人権や権利など尊重して法令遵守する会社ならば、社員の休憩時間に仕事をしろと命じる事がまずありません。

あとがき

以上の理由から、休憩時間に仕事しろと命令する会社は早く辞めるべきと断言します。

こういう会社は、ねじ曲がった精神論で社員の人権や権利を平気で踏みつぶして来るくせに、正論で反論しても、また精神論と力で社員をねじ伏せようとする非常に民度が低い会社です。

一番良いのは「休憩時間中に仕事をさせるのは違法行為なので、違法行為には加担しません」という感じではっきりと拒否すべきです。

法的な観点から反論してもなお、馬鹿の一つ覚えのように「社会人として云々」みたいな精神論を怒鳴りつけて来るのであれば、日本語が通じないサルと話すのは無駄と思ってさっさとその会社を辞めましょう!

そんなサルが偉そうにキーキー吠えてる会社なんて動物園以下の関わるだけ無駄な会社です。

休憩時間に仕事をさせられるのはどう見ても異常だし、間違いなく改善される事もありません。

なので、少しでも早くそんな底辺ブラック企業に見切りを付け、休憩時間中は普通に休憩できる会社に転職する準備を始めましょう!

最後にブラック企業を排除している転職エージェントもまとめておきます。

転職エージェントへの登録は5分程度で終わり、一度登録すればあとはそこから興味ある求人に応募するだけなので、是非気軽に行動を起こしてみましょう!
 

✔ブラック企業を排除している転職エージェント

第二新卒・既卒に特化した就職サポート/ウズキャリ
※内定率83%以上を誇る10代~20代の第二新卒・既卒を対象とした就職エージェント
ネオキャリア第二新卒エージェントneo
※第二新卒就職/転職エージェントneoは10代・20代の選ぶ就職転職満足度No.1
フリーターや第二新卒の転職をサポート/キャリアスタート
※若手に特化した徹底したサポートとマッチングで、入社後の定着率は92%以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました